検索する

モールEC

Amazon SEO対策用ツール6選!検索ボリュームや順位チェックなどの機能も徹底解説!

2024.04.10

想定読了時間 5 分
Amazon SEO対策用ツール6選!検索ボリュームや順位チェックなどの機能も徹底解説!

AmazonでSEO対策を本格的に行うためには、専用のツールの活用が必須です。

しかし、AmazonのSEO対策用ツールの導入を検討している方の中には、次のようなお悩みがある方もいらっしゃるでしょう。

「ツールを利用することで何ができるのか?機能のイメージがつかない」
「結局、どのツールを利用すべきかが分からない」

そこで、この記事では以下の内容について解説します。

  • Amazon SEOでツールの導入が必要な理由
  • Amazon SEO対策用ツールの一般的な機能とその活用法
  • 各ツールの機能や価格

また弊社ではAmazonの運営サポートAmazon広告運用代行・運営代行サービスも行っておりますので、是非一度お気軽にご相談ください。

関連記事

Amazon SEO対策とは?成功のために何をすべきこと

そもそも、Amazon SEOとは何をすることなのでしょうか?ここでは、Amazon SEOの概要と、Amazon SEOを成功させるために必要な「キーワード選定」について解説します。

Amazon SEO対策とは?

Amazon SEO対策とは、Amazonで商品が検索された際に、自社ブランドを検索結果の上位にランキングさせるための手法です。

例えば、青汁のブランドを販売している場合、「青汁 飲みやすい」「青汁 乳酸菌」など青汁に興味があるユーザーが調べそうなキーワードで、上位に表示されることを目指します。

Amazonではユーザーの75%が検索を行うと言われており、Amazonで自社ブランドを販売するためには、Amazon SEOをしっかりと行う必要があります。

Amazonn SEOを成功させるためには、キーワードの選定が重要

Amazon SEO対策を成功させるためには、「どのキーワードで上位表示を狙うか?」といったキーワードの選定が非常に重要となります。

Amazon SEOで失敗してしまいがちなキーワード選定の例として、以下のようなものがあります。

  • 全く検索されていないキーワードを狙ってしまう。
  • 自社のブランドと関連性が低いキーワードを狙ってしまう。
  • 競合が多すぎるキーワードを狙ってしまう。

例えば、青汁を販売したい時に、「青汁 炭酸」といった全く検索されないキーワードを狙っても、購入には繋がりません。

一方で「青汁」というキーワードは検索数も多く、購入にも繋がりそうなので、一見良いキーワードのように思えます。

しかし、多くのブランドがこのようなキーワードを狙っているため、小規模事業者が上位表示をさせることは非常に困難であるため、対策の優先順位を下げた方が得策です。

このように、Amazon SEOを成功させるためには、上位表示させたいキーワードを感覚で決定するのはNGです。しっかりとキーワードの検索数や自社ブランドとの関連性、競合の強さなどを考慮してキーワードを選定しましょう。

Amazon SEO対策用ツールでできること

前述した通り、Amazon SEOを成功させるためには、上位表示させたいキーワードを戦略的に選定することが重要です。そして、このキーワードの選定を行うためのAmazon SEO対策専用のツールが数多く存在します。

このセクションでは、Amazon SEO対策用のツールで行える一般的な機能の解説をします。機能の理解とともに、キーワード選定の手順などの理解にお役立てください。

関連キーワードの洗い出し

自社のブランドにあったキーワードを選定するために、まずはその元となるキーワードの候補を洗い出す必要があります。

ツールを利用し、自社の扱う商品のカテゴリ名を入力することで、関連性のあるキーワードを洗い出して、簡単に一覧化することができます。

例えば、青汁であれば、「青汁 美味しい」「青汁 ジュース」といった「青汁」との掛け合わせキーワードはもちろんのこと、「健康」「食物繊維」といった関連のありそうなキーワードも洗い出していきます。

この段階では、キーワードの抜け漏れが無いように、とにかく多く候補を挙げていくことに注力すると良いでしょう。

キーワードの検索ボリュームの取得

キーワードの選定をするためには、「そのキーワードが月間でどれだけ検索されているか」という検索ボリュームを把握する必要があります。

全く検索されないキーワードで上位表示を目指しても、そもそも検索される機会がなければ商品が発見されることはありません。

外部ツールを利用することで、このキーワードの検索ボリュームも把握することが可能です。

事前に洗い出したキーワードをツールに流し込むことで、それぞれのキーワードの検索ボリュームをまとめて調査することができます。

検索キーワードごとの検索順位チェック

AmazonでSEO対策を成功させるためには、自社ブランドと競合のブランドの検索順位を常に把握しておく必要があります。

というのも、SEO対策では常に競合の動きを把握しながら、自社商品ページの改善やその他の施策を行っていくことが重要であるためです。

自社で狙っているキーワードをツールに登録しておくことで、キーワードごとに自社と競合の順位を日々チェックすることが可能となります。

ツールを利用して、順位を常にチェックできるようにしておくことで、自社の施策の効果検証や競合の動きを把握することができ、自社の施策をスピーディーに行うことができます。

例えば、特定のキーワードで自社ブランドの検索順位が下がった場合、競合が広告を出して販売数を伸ばしていたり、商品ページを改善しているなど、何かしらの施策を行っている可能性が考えられます。

検索順位は商品の販売数に直結するため、自社、競合ともに検索順位を常に把握することを徹底し、順位が下がった際にすぐリカバリーできる体制にしておきましょう。

検索結果でのクリック率の調査

ツールを利用することで、特定のキーワードの上位3商品の合計クリック率を計測することも可能です。

例えば、上位3つの合計のクリック率が60%であれば、特定のキーワードで検索したユーザーの60%が上位3商品のいづれかから商品を購入する可能性が高いということが分かります。(クリック集中度)

このように、上位3つのクリック率を調査することで、上位の商品の独占状況を把握することが可能です。

例えば、特定のキーワードの上位3つの商品のクリック率が80%と高い場合、上位の商品がユーザーを独占しています。そのため、検索順位で4位以下だとほとんどクリックされないことが分かります。

このような場合、上位3位以内に入ることができる見込みがあれば、そのキーワードでSEO対策をすべきですし、そうでないなら、そのキーワードでの対策は優先順位を下げるべきだと判断ができます。

広告のクリック単価の調査

ツールを利用することで、Amzazon広告のキーワードごとの平均クリック単価を把握することができます。

クリック単価は広告の話なので、SEO対策には関係がなさそうですが、クリック単価を把握することでキーワードの人気度を把握することができます。

というのも、広告のクリック単価は、オークション形式で決まるため、人気のあるキーワードほどクリック単価が高くなります。つまり、そのキーワードで商品を表示させれば売れる可能性が高いということです。

広告で人気のあるキーワードであるということは、SEO対策を行う際もそのキーワードを狙っている競合が多い可能性が高いと考えられます。

つまり、クリック単価が高いキーワードは競合が多いため、対策の優先度を下げる判断をすることができます。

Amazon SEO対策用ツール6選!ツールごとの機能や価格を解説

ここまで、SEO対策におけるキーワード選定の重要性、キーワード選定を行うためのツールの機能を解説していきました。

最後に、Amazon SEO対策に活用できる主要なツールをご紹介します。必要な機能や価格を考慮し、自社のツール選定に役立ててください。

SellerSprite(セラースプライト)

Amazon SEO対策用ツール:SellerSprite(セラースプライト)

セラースプライトは、AmazonでSEO対策を行う上で、最もメジャーなツールです。AmazonのSEO対策で必要な基本的な機能は全て揃っており、加えて、検索結果で競合の商品情報を見ることができる「クイックプレビュー機能」など、SEOの機能だけでなくAmazonで商品を販売するのに必要な競合調査機能などもあります。

Amazonでの商品販売のツール導入で迷われている方は、セラースプライトをおすすめします。詳しい機能や活用方法は以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

関連記事

機能

  • 関連キーワードの洗い出し
  • キーワードの検索ボリュームの取得
  • 検索キーワードごとの検索順位チェック
  • 検索結果でのクリック率の調査
  • 広告のクリック単価の調査

価格

  • 無料プランあり
  • 月額98$〜

価格については、「NUW831」のクーポンコードを利用すれば、通常価格の30%OFFの金額でセラースプライトを利用することができますので、よろしければお使いください。

Arrows 10

Amazon SEO対策用ツール:Arrows 10

Arrows10もセラースプライト同様、Amazon SEOのための基本機能が充実しているツールです。また、レビューの管理機能も搭載しており、レビューの平均点の記録や悪い評価がついた時のアラート機能などもあります。

機能

  • 関連キーワードの洗い出し
  • キーワードの検索ボリュームの取得
  • 検索キーワードごとの検索順位チェック
  • 広告のクリック単価の調査

価格

  • 無料プランあり
  • 月額97$〜

Ahrefs(エイチレフス)

Amazon SEO対策用ツール:Ahrefs(エイチレフス)

Ahrefs(エイチレフス)は、元々GoogleのSEO対策用として有名なツールです。

AmazonのSEO対策用としては、関連キーワードの洗い出しや検索ボリュームの取得などに使用できます。

Ahrefs(エイチレフス)は、GoogleのSEO対策を行うためには機能が豊富で非常に有用なツールですが、Amazonで使うとなるとややコストパフォーマンスの面で劣ります。

AmazonのSEO対策のみにツールを使用する方は、他のツールの導入をおすすめします。

機能

  • 関連キーワードの洗い出し
  • キーワードの検索ボリュームの取得

価格

  • 月額12,500円〜

ラッコキーワード

Amazon SEO対策用ツール:ラッコキーワード

ラッコキーワードは、GoogleやYoutube、Amazonで利用されているキーワードの調査を行うことができるツールです。

Amazonサジェストという機能を利用することで、特定のキーワードとの掛け合わせキーワードを一度に洗い出すことが可能です。

また、「共起語」という機能を利用すれば、特定のキーワードと一緒に使用されているキーワードを洗い出すことができるため、掛け合わせワード以外の発見にも役立ちます。

有料プランもありますが、Amazon SEOに活用する場合は、無料のプランで利用できる機能で十分です。

機能

  • 関連キーワードの洗い出し

価格

  • 無料

キーワードプランナー

Amazon SEO対策用ツール:キーワードプランナー

キーワードプランナーは、Google広告が提供しているキーワード発見ツールです。キーワードを入力することで、Google広告の保有しているデータに基づいて関連キーワードが洗い出されます。

そもそも、キーワードプランナーはGoogle広告用のツールなので、出てきたキーワードをそのまま全てAmazon SEOに活用できるわけではありません。

しかし、表示される関連キーワードの数は、他のAmazon用のツールより多いため、他のツールでは発見できなかった思わぬキーワードの発見につながる可能性があります。

機能

  • 関連キーワードの洗い出し

価格

  • 無料

総括|自社に合ったツールを導入して、Amazon SEO対策を効率良く進めよう!

Amazon SEOを成功させるためには、キーワードの選定が非常に重要になってきます。

感覚でキーワードを選定してしまうと、せっかくSEO対策を行っても、販売数の増加に繋がらないということも考えられます。

感覚に頼らないキーワード選定をするためには、Amazon SEO対策用のツールを利用することが必須となります。

ツールをしっかりと活用し、キーワードボリュームや自社の強み、競合の状況などを考慮したキーワード選定を行いましょう。


当社では上記のような実際に運用経験もあり、現場で培った知見やノウハウをもった方が実際に実務部分のサポートまで行うサービスを提供しております。

売上拡大のための施策立案や実務のマンパワーも足りないという企業様はぜひ一度当社までお問い合わせください。

これまでのECコンサルや運営代行などとの運営体制の違い、コスト構造の違いなど具体的にどのような仕組み、取り組みで、どのような結果が出ているのかなどお話させていただきます。

メルマガ登録

EC運営に関するノウハウ・最新ニュース・トレンドを無料で受け取れます。

  • EC市場の最新情報をキャッチアップできる
  • EC運営の成功事例やノウハウを得られる
  • EC運営に役立つトレンドや便利ツールを把握できる

プライバシーポリシーをご確認のうえ、送信してください。

メールアドレス*

関連記事

今、読まれている記事

資料請求

弊社のサービス資料をダウンロードいただけます。EC/D2C立ち上げ・改善やストア構築、CRMツール強化をご検討の方はぜひ一度ご覧ください。

資料請求する

お問い合わせ

お客様のECやWEBマーケティングに関する問題解決をサポートします。お気軽にご相談ください。

問い合わせする